trueheart2015

ボランティア活動、赤ちゃんホームの最新情報など書き込んでいます

家庭的保育全国連絡協議会セミナー

f:id:trueheart2015st:20170529204252j:plain

f:id:trueheart2015st:20170529204255j:plain

29年5月28日(日)

東京 大田区中央二丁目

大田文化の森ホール

13〜16時20

神戸市からは、私、ひとりの参加でした。

前席の人は、名古屋から。

後ろの人は、北海道から。

大分からも参加者有りです。

厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課・保育指導専門官の基礎講演

タイトルは「保育所保育指針の改定について」と難しそうなもの。

しかし、会場から拍手が出る程のわかりやすさ。

どんな質問にも的確に素早く答えが返ってきます。

今まで保育指針について、こんなに興味深く聞いたことはありません。

休憩もなく

シンポジウム

神奈川県横浜市川崎市静岡県…家庭的保育者が4人で保育と運営について紹介します。

質問タイム

1番に手を上げ

『私は、神戸市から参りました。

朝7時から夜8時まで保育しています。

皆さんは何時から何時ですか?

教えてください』

たったそれだけの質問でした。

閉会の後、

次々と私の周りに人が集まりました。

群馬県の方が

名刺を差し出し

いずれ、感想を書いてくださいと攻め寄ってきました。

自宅に到着したのは

深夜1時。

衝撃だったこと[emoji:B04]

赤ちゃんのパパが仕事お休みと

知っていて、保育した場合、パパのネグレクト〜育児放棄を手伝った罪があなたにもかかりますよ!

と、言う指摘。

昨年度から

国からも給付金が入ります。

そのかわり

兵庫県

神戸市を通り越して

直接、厚生労働省から私のところに

調査が入ります。

沢山の地域型保育事業調査票

みずほ情報総研(株)が、厚生労働省補助事業を請け負います。